3周年記念キャンペーン実施中!

ダイエット中でも丼ものが食べたい!ヘルシー親子丼レシピ

親子丼
  • URLをコピーしました!

こんにちは、MAYUです★

今回は、ダイエット中でも食べられるヘルシー親子丼をご紹介します。

料理苦手な私ですが、一生懸命作りました(^^;

レシピだけではなく、今回使用した食材の栄養価や効能などもご紹介しているので、ぜひ最後まで見ていただけると嬉しいです♪

目次

作り方

材料(2人分)

  • 卵 2個
  • 鶏胸肉(皮なし)※鶏もも肉でも可 1枚
  • 玉ねぎ 1/2個
  • お好きなきのこ 適量
  • 片栗粉 大さじ1
  • 料理酒 大さじ1

〈だし汁〉

  • 水 150cc           
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 顆粒だし 小さじ2
  • ハチミツ 大さじ2
  • 生姜チューブ 3㎝ほど

〈トッピング〉

  • 小ネギ

手順

①胸肉は繊維を断ち切るように一口大の削ぎ切りして、片栗粉と料理酒をもみ込み10分ほど置いておく。

ハサミでちゃっちゃと切ってもOK!この工程をするだけで胸肉は柔らかくなります★

②玉ねぎを薄切りにし、フライパンでだし汁の調味量と一緒に中火で3分煮立たせる。

③きのこを投入。

今回はエノキとしめじを使いました(火が通ると量は減るのでどっさり入れちゃってOK!)

④きのこがしんなりしたら胸肉を入れて、蓋をして弱火で約5分ほど煮る。

胸肉は一気に火を通すと硬くなりやすいので弱火でじっくりがポイントです

⑤溶いた卵を1回目は半量入れて少しかき混ぜ、2回目は残りの半量を入れて蓋をし、半熟になったところで火を止める。

⑥余熱でお好みの卵の加減になったら、器に盛って小ネギを添えて完成★

ズボラな私は冷凍ネギを使用しました(^_^;)

それぞれの食材の栄養価・効能

鶏胸肉、鶏モモ肉(皮なし)

鶏胸肉は牛肉や豚肉よりも低脂質で、良質なタンパク質を多く含み、淡白な味わいです。

鶏もも肉は、鶏肉の中でも最も鉄分を多く含み、他の部位に比べると筋肉質でコクと旨味があります。

鶏肉は他の肉に比べて消化吸収されやすいので、風邪を引いた時や胃腸が弱っている時などにもおすすめです。

ビタミンCと食物繊維以外の栄養成分をバランスよく含む、ほぼ完全な栄養食品です。

卵+野菜の摂取で栄養バランスはグッとアップします。

また、脂質の代謝をサポートするビタミンB2やコレステロール値を下げるレシチン、抗酸化作用のあるビタミンA・Eにも効果が期待されます。

玉ねぎ

ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、食物繊維、アリシンなどを含みます。

特にアリシンには動脈硬化や高血圧を予防したり、コレステロール値を下げたりする働きがあると言われています。

また、ビタミンB1の吸収を助けて糖質の代謝を高める効果もあります。

きのこ類

低カロリーで栄養豊富なうえに、便秘改善に期待ができる食物繊維もたっぷり含まれています。

中でもβ–グルカンという食物繊維の一種は、免疫成分を活性化させる効果があると言われています。

他にもカルシウムの吸収を助けるビタミンDも含まれており、骨粗鬆症の予防などが期待されます。

ハチミツ

ハチミツは天然素材の甘味料。

主成分は活動エネルギーになるブドウ糖と果糖ですが、カルシウムや鉄、ナイアシンなどのビタミン・ミネラルも含まれています。

また、ブドウ糖から発生するグルコン酸という成分が腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果もあります。

まとめ

今回のヘルシーポイントは、なんて言ったて油不使用!

食材の脂質のみなので、過剰な脂質摂取を防げます。

ぜひ、皆さんも作ってみてください★

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^ ^)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

初回体験のご予約・お問い合わせはこちらから

seek studio(シークスタジオ)
沖縄県の南風原町周辺
那覇市、豊見城市、南城市、与那原町、八重瀬町、西原町エリアのパーソナルトレーニングジム

目次