3周年記念キャンペーン実施中!

生理痛を食事で緩和!〜痛み物質への対処法〜

腹痛・生理痛・健康・ミドル女性
  • URLをコピーしました!

こんにちは、MAYUです★

女性の皆さん、辛い生理痛に悩んでいませんか?

生理中でも元気に、パワフルに過ごしたいですよね!!

実は、食事を見直すことで生理痛の主な原因である痛み物質を抑制し、辛い症状を緩和することができるかもしれません。

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです(^ ^)

※歩けないほどの辛い生理痛は病気の可能性もあるので、早めに医療機関を受診をしましょう。

目次

痛み物質とは?

痛み物質とは、子宮の筋肉を収縮させる生理活性物質のことで、子宮内膜を体外に排出する際に分泌されます。

これをプロスタグランジンと言います。

プロスタグランジンの分泌量が多くなり、子宮が必要以上に収縮してしまうと生理痛の原因となります。

※生理に関するメカニズムについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらもお読みください★

このプロスタグランジンは、オメガ6脂肪酸から産生されるため、生理痛のひどい方はまず食事の見直しが必要です。

食事で気をつけるポイント

1.油の見直しをする

オメガ6脂肪酸は、体内では産生することができない必須脂肪酸です。

しかし、現代人は過剰に摂取している傾向にあるため、意識的に減らすことが必要です。

〜オメガ6脂肪酸〜

  • サラダオイル
  • バター
  • 肉の油
  • 牛乳
  • 生クリーム
  • スナック菓子 etc…

逆に炎症を抑えたり、過度な子宮収縮を抑えるオメガ3脂肪酸を摂取する割合を増やしましょう★

〜オメガ3脂肪酸〜

  • アマニ油
  • エゴマ油
  • 魚 etc…

ちなみにアマニ油やエゴマ油は熱に弱いため、加熱料理には向きません。

ドレッシング代わりにサラダなどにかけるのがおすすめです!

※良質な油でもカロリーは当然高いので、過剰摂取には注意しましょう(>_<)

2.プロスタグランジンを抑制する栄養素を積極的に摂取する

これらの栄養素は、プロスタグランジンの作用を抑制する効果があります。

〜ビタミンD〜

  • 魚類(しらす、鰹節、鮭など)
  • きのこ類 etc…

※ビタミンDは日光を浴びることで外側からも摂取できます。

〜ビタミンE〜

  • アーモンド
  • かぼちゃ
  • たらこ
  • 豆乳 etc…

〜亜鉛〜

  • 牡蠣
  • 煮干し
  • 純ココア
  • 納豆 etc…

私はよく、納豆にしらす、鰹節、乾燥えびをトッピングしたり、バナナに純ココアをかけて食べたりします。

手軽に摂取できるのでおすすめです!!(比較的お手頃な食材たちなので、お財布にも優しいですよ!笑)

他にもさまざまな食材があるので、興味のある方は『ビタミンD 食材』などで検索してみてください★

まとめ

今回、生理痛を緩和する栄養素をお伝えしましたが、実際に必要なのは全ての栄養素です。

食事バランスを整え、偏った食生活を改善することが第一優先です。

また、生理期間の短期的な摂取ではなく、最低2ヶ月以上摂取することによって効果が出ると言われています。

ぜひ、日頃の食事から意識して取り組んでみてください(^ ^)

最後までご覧いただき、ありがとうございました★

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

初回体験のご予約・お問い合わせはこちらから

seek studio(シークスタジオ)
沖縄県の南風原町周辺
那覇市、豊見城市、南城市、与那原町、八重瀬町、西原町エリアのパーソナルトレーニングジム

目次